あかつき【一部追記】

あかつき

本日、金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入のためのエンジン噴射が行われました。[JAXA(宇宙航空研究開発機構)プレスリリース

今回の様子を特別な思いで見守ってきましたが、
その始まりは5年前までさかのぼります。

5年前の2010年5月21日、種子島で初めてロケットの打ち上げを見ました。
(写真はその前日に見学したもの。すでに実機が射点に運ばれています。)

そのロケットに搭載されていたのが「あかつき」でした。
5年前の軌道投入失敗後、長らくこの日を待ってきましたが
まずは本日、エンジン噴射が正常に行われたとのことでよかったです。

軌道投入の結果がわかる2日後まで、そわそわな日が続きます。

【追記】
12月9日、JAXAは「あかつき」を金星周回軌道への投入を成功したと発表。
あらためて日本の科学技術の底力を感じたとともに、中村正人プロジェクトマネージャの「金星の衛星になりました」の言葉に胸が熱くなりました。
JAXAプレスリリース

種子島で見送ってから5年。
探査機の状態も正常とのことで、夢はまだこれからも続きます。